70歳の古希祝いは思い出に残るインテリアアートで

自分の両親や祖父母、またお世話になっている人が70歳を迎えると聞くとお祝いする節目です。
古希祝いは数え年で70歳になった時にお祝いします。

一般的には紫のちゃんちゃんこを着るというのは知られているところです。
以前は長寿を祝うというお祝いでしたが、今は昔に比べ平均寿命も延びている事もありこれからも元気で過ごしてね、という意味でお祝いしている場合がほとんどでしょう。

古希祝いの時に一緒に食事をしたりプレゼントをするという人もいますが、プレゼントはどんなものが喜ばれるのでしょうか。
最近ではお祝いの気持ちとこれからの健康を願ったメッセージを飾れるようにフレームに入れて渡す事もあるようです。

風景インテリアアートもおすすめです。

Natural Memoriesではどの年代の人からも親しみを持てる和紙作品を作成しています。
長寿を祝って「白神山地の新緑のブナのマザーツリー」や富士山の作品などを贈る人もいますし、海が好きということで珊瑚礁の砂浜の作品をプレゼントする人、さまざまです。
そのシーンにちなんだ風景の作品を選ぶ事が出来ます。
見ていると癒される作品を部屋に飾って更なる長寿を願いたいですね。

そんな気持ちをNatural Memoriesはお手伝いします。