喜寿祝いに印象深い和紙作品

以前は日本の平均寿命は低かったのですが今は高齢化時代になり、元気に過ごされているご両親、祖父母さんも多い世の中です。
そんな中、満77歳になった時点で喜寿祝いという節目がきます。
今では77歳でも元気に過ごしている人が多いのであまり実感しない人もいるようですが、大事な人のお祝いはしっかりしてあげたいですよね。

喜寿祝いでは古希の祝いと同じように紫のちゃんちゃんこを着てお祝いするというしきたりがありました。
そして一緒に食事をしたりお祝いの品を渡すというものが一般的です。
お祝いの品で何にしたら良いか、迷っているようなら風景インテリアアートはいかがでしょうか?

風景は飾っておくだけで癒される効果もあります。
Natural Memoriesの風景インテリアアートは風景を手漉き和紙にプリント、その和紙の風合いを生かすようにわざと浮かせて木製フレームにセットした作品です。
同じ風景でも和紙とのマッチングでセンスのある、優しい作品に仕上がるのです。

長寿を願う富士山の作品やお祝いする人が好きな場所にちなんだ風景の作品などを選んで部屋に飾ってあげましょう。

これからも元気に過ごしてね!という見えないメッセージも込めつつ、更なる長寿を願ってのプレゼントを・・・まずは作品をご覧になってみて下さい。